アパレル業界の転職!求められているスキルとは?

おしゃれが好きな人なら、一度はファッション・アパレル業界に憧れることでしょう。
ファッション・アパレルの職業は、洋服をデザインするデザイナーに始まり、パタンナー、バイヤー、プレス、販売、生産管理などたくさんの職種に分かれます。

デザイナーになるには、服飾系の専門学校で基礎を学ぶことが大切です。
そして「好きこそものの上手なれ」思うがままに洋服を作って形にしてみることも大切です。

常に流行っている洋服はどんなのかを把握し、真似するのではなく「私なら、こうする」と試行錯誤を繰り返して、オリジナルを生み出してみましょう。

若い女性に人気があり、身近にあるファッション・アパレル系の仕事は、洋服の販売員でしょう。
特に資格を必要とはしませんが、自分自身おしゃれが好きで、常にファッションセンスと感性を磨くことを忘れてはいけません。
ただ洋服を売るのではなく、「この洋服が着てみたい」と思わせるようなディスプレイを作るのも仕事です。

そしてお客様とコミュニケーションを取り、お客様が求めるファッションを聞きだして理解し、コーディネートする。
そしてお客様に喜んでもらい、笑顔にするのが販売員の仕事であり、やりがいです。

おしゃれが好きでファッションセンスを磨きたい!またお客様をコーディネートしたい!そのためには雑誌やメディアでの研究はもちろん、日本国内だけでなく海外のファッション事情にも目を向けることが大切です。