薬剤師の転職!求められているスキルとは?

医師、看護師と共に医療現場で必要な存在といえば、薬剤師でしょう。
薬剤師になるためには、大学で薬学を学び、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。
勤務先は病院、薬局、調剤薬局、最近では病棟薬剤師という職種もあり、転職先として人気があります。

病院に勤める薬剤師の仕事は、医師が処方したお薬を用意しお薬手帳や電子カルテを使ってお薬を管理します。
これはドラッグストアでも行われています。
病院とは違いドラッグストアでは処方されたお薬だけでなく市販のお薬を買い求める人も訪れます。
的確に症状を聞きだし、ひとりひとりに合ったお薬をおすすめするのも仕事です。

またドラッグストアではお薬以外の日用雑貨も取り扱っています。
ときにはレジを打ったり、商品管理を行うこともあります。

病院やドラッグストアとは少し違う調剤薬局では、さまざまな漢方薬をひとりひとりに合わせて調剤します。
薬草に詳しく、人の自然治癒力を引き出すための研究、西洋医学と共に東洋医学の知識も必要です。

そして転職先として人気がある、病棟薬剤師ですが、入院病棟で患者のお薬の管理をする薬剤師のことです。
医師、看護師と共に患者の様子を見ながら、お薬の調剤をすることが可能です。
薬剤師にとって、患者の様子を実際に見ながら調剤しすることはとても貴重な経験になるのです。

ただお薬を管理するだけではなく、どのような効果があるのかを説明し服用の仕方を説明します。
患者に不安感を与えないように、コミュニケーション能力も必要です。

これからは高齢の入院患者が増えてきます。
自分でお薬の管理が困難な場合もありますので病棟薬剤師の存在は、医師、看護師にとっても必要な存在となることでしょう。