クリエイターの転職!求められているスキルとは?

クリエイティブな職業で代表的なものといえば、Webデザイナー、DTPオペレーター、デザイナーでしょうか。
今やパソコンもひとり1台の時代となり、手軽にデザインソフトに触れることも可能なため、デザイナーを志す人もいることでしょう。

比較的若い人に人気のあるWebデザイナーですが、その仕事内容は専門的なソフトを使って、企業のWebサイトを制作します。
WebサイトはHTMLやCSS、FLASHやPHPなど専門的な言語で作られていますので、これらの習得は専門的な学校で学ぶのが確実ですが、市販の書籍を使って独学で習得する人もいます。

Web上は常に変化しています。新しいものを追求し独創的な発想が要求されます。
ある程度経験を積み、Webクリエイター能力試験をクリアし、Webディレクターを目指すのも良いでしょう。

DTPデザイナーは、DTPソフトを使って印刷物や紙面などをデザインします。
デザイン事務所で何年か経験を積み、デザインの基礎を学んで独立する人もいます。
デザインの基礎知識があるためWebデザイナーに進む人もいます。

DTP検定試験などを受験しておくと有利です。

デザイナーは幅広い分野において、さまざまな商品や印刷物などのデザインを手がけます。
専門的なソフトを使って画像を加工したり、デザインソフトでいくつものデザインを作成しては自らが納得のいく、そしてたくさんの人々を惹きつける作品を世に生み出します。

CGクリエイター検定、AFT色彩検定などデザインに関する資格を取得しておくと良いでしょう。

デザインに関係した仕事は常にアンテナを張り、時代が求めるもの、人々が求めるものを把握しておくことが大切です。