看護師の転職!求められているスキルとは?

いつの時代も必要とされる職業の一つである看護師。近年の医療現場は目を見張る勢いで変化しています。
時代は少子高齢化が進んでいて、その流れに合わせて医師も看護師も変化しなければならないのです。

看護師の仕事にはさまざまあり、病院での仕事は医師と患者の橋渡しに始まり、患者家族とのコミュニケーション、入院病棟では患者の看護、高齢者の介護とひとりでたくさんの仕事をこなします。
これからも進む少子高齢化に伴い、力仕事である介護がプラスされたことで男性看護師の存在に注目が集まっています。

また医師に専門医や認定医が存在するように、専門看護師、認定看護師の存在も増えてきました。
これは増え続ける生活習慣病や重い病気を、的確に短期間で治療するためです。
これからの時代は的確な診察と、患者に負担のかからない治療つまり短期間で確実な治療が当たり前となります。
専門看護師、認定看護師の資格を取得するには、ある程度の経験と知識が必要です。

病院に勤務する看護師のほかに産業看護師というのがあります。
これは企業の医務室や学校の保健室に勤務する看護師のことです。

病院勤務とは違い、一般企業に勤めるため最初はギャップもありますが、勤務状態が安定していて転職先としては人気があります。
企業や学校の健康診断、また具合が悪くなった社員や生徒の症状を見て判断し応急処置を施すため、やはりある程度の病院での経験や知識が必要です。

全国的に看護師は不足しているといわれています。
家庭との仕事を両立するために夜勤を控えたい看護師のために、最近では夜勤専従看護師の存在も注目されています。
夜勤専門で働くことで、休日や昼間は勉強会やセミナーに出席してスキルアップできる、勤務日数が決められている、報酬面が良いなどの理由から人気があります。