公務員の転職!求められているスキルとは?

公務員という職業には実にさまざまあります。

まず国家公務員一種、二種は国家試験に合格しなければなりません。
合格すれば、一種なら中央官庁や国の出先機関で働くことができます。
二種の場合は各都道府県の地方幹部としいて働くことができます。

そして私たちの暮らしの中で身近な公務員といえば、警察官(国家公務員)消防士、教員、保育士、自衛官などさまざまなところで人々の暮らしを支えています。

団塊の世代の引退つまり大量退職という事情もあり、現在公務員は人気の職種となっています。
やはり公務員は、一般の企業に比べて安定しているというのが人気の一つとして挙げられます。
ですが国や地方自治体に仕える者として、一般の常識やモラルを身に付けておかなければなりません。

国家公務員は大学で学び試験を受けます。警察官も大学や警察学校で学び採用試験に合格しなければなりません。
教員は教員採用試験、保育士は保育士採用試験を、そして消防士は地方自治体による採用試験を受験します。
いずれも受験に向けた学習が必要で、専門学校や通信教育での学習が可能です。

また自治体が運営する病院、県立や市立の病院に勤務する医師や看護師も公務員の扱いになります。
激務ではありますが、勤務体制に無理がないことから自治体病院に転職する医師や看護師も多くいます。