営業職への転職!求められているスキルとは?

どこの企業にも営業課という部門があります。
営業というと単に「モノやサービスを売る」というイメージが先行しますが営業職には会社と取引先を橋渡しする、という重要な役割があります。

モノやサービスを売るだけでなく、取引先の売り上げやイメージアップにつながるようにアイデアを提案して最大限のメリットを引き出し、確実な信頼関係を築いていかなければなりません。
「この企業の、この人なら安心だ」いわば営業職は会社の顔といっても過言ではありません。

営業職は、一日に何社も取引先を回りますので自動車免許が必要です。
また一日の仕事の報告をパソコンで行うのは当たり前、必要な書類を作成する、データを管理するなどパソコンの基礎的なスキルが必要となります。

毎日が接客の連続ですので、コミュニケーション能力も磨かなければなりません。

接客は気配りが大切ですし、取引先からの疑問やトラブルにも冷静に対応するのも仕事です。

ときには気持ちが滅入るような出来事もありますが、「これもひとつの経験だ」と、プラスに変えていけるようにメンタル面も強くしておかなければなりません。

営業職は取引先に合ったサービスを提供する、新規の取引先を開拓するために広い視野を持って常にアンテナを張っておくことが大切です。
そして一般的なマナーやきれいで正しい言葉を話す、丁寧な文字を書くなど、いつも自分を客観的に見つめることを忘れてはいけません。